Ling is a printmaker. She was a member of the “GRAPHIC ARTS WORKSHOP” in San Francisco for 12 years and is a member of the “CALIFORNIA SOCIETY OF PRINTMAKERS“. She was an artist in residence at “HAMMERHEAD STUDIO“, under the “BankART” program from May 2012 – April 2014 as well as a BankART ARTIST IN RESIDENCY in 2017. Her work has appeared in numerous solo and group show exhibitions.

Ling works mainly in Monotype, which is a printmaking technique using inks or paints on unmarked plates. Using this technique creates one of a kind artworks similar to an artist who makes a painting. 
Her main theme is primitive emotions that burst in her mind but are indescribable using words in any language. 
She enjoys printmaking’s unpredictable nature. You don’t know the result till you print the image onto a paper no matter how hard you work on the plates. She believes printmaking’s method serves as her filter to clarify images and ideas. It brings out new perspectives to her thoughts and works as a great tool to express her vision. Never bound by degrees of skill or tradition, the simple joy motivates her to pursue fine art printmaking.


版画家。アメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコ市の版画工房「グラフィックアーツワークショップ」に12年半在籍。「カリフォルニア版画家協会」会員。2012〜2014年まで横浜市が運営しBankArtが管理した、シェアスタジオプログラム「ハンマーヘッドスタジオ」に入居アーティストとして在籍。今までにたくさんの個展やグループ展で作品を発表。

「モノタイプという、彫ったり削ったりしていないプラスティックの板に、直接インクをのせて刷る、版表現でありながら複製性のない版画技法を主に使用しています。作品によってコラージュやドライポイントなどの技法も用い、言葉が与えられる前のプリミティブな感情を題材にしています。
版表現の持つ、紙に刷るまで作品の様子が確実には分からない、その神託のような感覚を強く感じながら制作しています。自分の中の混沌を版画というフィルターで濾過すると、自分自身の思いがけない面を見せてくれます。この楽しさが、私が版画を制作するモチベーションです。技法の巧拙や正統性にがんじがらめにならずに、私の表現手段として、その道具として、版画に向き合っています。」

Website: http://www.ling-liu.com

Advertisements